散策ポイント一覧

諏訪神社〜山神社〜諏訪神社コース

山中諏訪神社をスタートし、露頭〜山の神〜湖畔を歩き、諏訪神社に戻ってくるコースです

1. 山中諏訪神社

9月に行われる安産祭りは、安産・子宝を願い女性も神輿を担ぐ珍しいお祭りです

2. 山中浅間神社

千年以上の歴史を持つ、山中集落の氏神様

3. 旧鎌倉往還と林の中の古道

林の中に残る旧鎌倉往還。往時の様子を残す数少ない場所です。

4. 袈裟がけの銀杏

日蓮聖人が1268年に山中本陣(坂本家)に泊まった際に袈裟を掛けたという銀杏の木

5. 愛宕地蔵と双体道祖神

愛宕地蔵は火伏せの神、双体道祖神は旅の安全、縁結びの神

6. 山中十一番観音堂

郡内三十三番観音霊場第11番札所で、郡内十一番観音といわれている

7. 九郎貴神社

宝永噴火の溶岩流の端に建てられた神社

8. 山中口留番所跡

甲斐、相模、駿河を結んだかつての塩入れ道の出入りを取り締まっていた番所

9. 大露頭

富士山が噴火して流れ出した鷹丸尾溶岩の先端

10. 山神社

山中地区の富士登山道の沿道にある山の神様の祭神大山祇命である。

11. 馬頭観世音

走る姿が浮き彫りにされた珍しい馬頭観音

12. 御旅所

山中諏訪神社の安産祭りで担がれる神輿を休ませる宿泊所

13. まりもの碑

まりもの生息する山中湖を後世に残そうと建てられた碑

14. 白竜の松(右竜)

安産祭りに明神山奥宮から山中諏訪神社に向かって豊玉姫命が二頭の竜に導かれるという古事に由来

15. 鯉奉納碑

富士講信者、丸正講が捕らえられた鯉を放した記念に建てられた

16. 白龍の松(左竜)

安産祭りに明神山奥宮から山中諏訪神社に向かって豊玉姫命が二頭の竜に導かれるという古事に由来