show menu

山中湖の紅葉

秋になり、富士山から始まる紅葉はだんだんふもとの方に降りてきて、例年10月中旬頃から11月中旬にかけて山中湖では見頃となります。
1999〜2000年、2008年、2010年、2012年、2013年、2016年は11月初旬から中旬頃が見頃となりましたが、2001〜2003年、2009年、2014年、2015年は10月下旬頃から11月上旬が見頃でした。また、2004〜2007年、2011年、2017年は10月末から11月中旬頃が見頃でした。

今年は夏の天候が不順だったせいか、真っ赤に染まった葉は少なかったように感じました。
紅葉し始めるのは平年並みでしたが、きれいに染まっている期間は短かく、落葉しないで枯れてしまった葉も多々ありました。

また今年も見比べるように旭日丘湖畔緑地公園の同じところで9月26日から11月10日の葉が落ちるまで撮影()しました。

夕焼けの渚・紅葉まつり



11月3日〜10日撮影

10月24日
曇り空であまり鮮やかではありませんが、前回よりだいぶ色付いてきました。27日より山中湖夕焼けの渚紅葉まつりが開催される旭日丘湖畔緑地公園も色付いてきているので、初日から見応えがあると思います。
平野サイクリングロード沿い(10/24)
いい色に染まってきました。
山中湖交流プラザきらら(10/24)
銀杏の葉がだいぶ落ちてしまいましたが、モミジはこれからといった感じです。
旭日丘湖畔緑地公園(10/24)
中央の駐車場入口のモミジは見頃になりました。
10月18日
ここのところ天気の悪い日が続いていて気温が下がってきたので、色付きも前回に比べだいぶ進んだようです。
山中湖交流プラザきらら(10/18)
青空に紅葉が映えます。
平野ワンド(10/18)
サイクリングロード沿いの小さなモミジがちょうどいい色付き具合でした。
旭日丘湖畔緑地公園(10/18)
ここは前回との差はあまりないように見えますが、実際はかなり進んでいる感じです。
ままの森の下湖畔(10/18)
まだ色づき始めといったところです。
山中湖交流プラザきらら(10/17)
銀杏がずいぶんと黄色くなりました。
旭日丘湖畔緑地公園(10/17)
ナナカマドが前回より濃い赤になりました。
10月10日
ピークはまだまだ先ですが、前回よりだいぶ色付いた木が増えてきました。
旭日丘(10/10)
木の先端はいい色になっていました。
山中湖交流プラザきらら(10/10)
銀杏の隣のこのモミジはいい色付き具合でした。
山中湖交流プラザきらら(10/10)
道路沿いの木々が色付いていました。
平野ワンド(10/10)
サイクリングロード沿いの小さなモミジがちょうどいい色付き具合でした。
旭日丘湖畔緑地公園(10/10)
ナナカマドが色付いてきました。
旭日丘湖畔緑地公園(10/10)
前回より若干色付いている感じでした。

goto PageTop